広島県黒瀬町
この夏知人宅のバーベキューパーティーに招待を受け、近所に「茅葺き民家」があるからと案内された家です。白壁の塀に囲まれて堂々としたものです。こだわりをもって保存されているのがこの写真から伝わります。



熊本県南阿蘇
垂玉温泉
この夏に「九州 阿蘇地方」を旅した際に、阿蘇山の南に位置する山の中の「垂玉(たるたま)温泉」に一泊しました。まさに「秘湯」と云えるところで「山口旅館」一軒のみがあり、そのお風呂専用の建物が茅葺きでした。



熊本県小国町
阿蘇から国道387号線を経由して大分自動車道 九重インターに向かう際に小国町で出会った民家です。



大分県九重町
同じく国道387号線を九重インターに向かい、熊本県より大分県に入り宝泉寺温泉近くになって発見した民家です。屋根も含めて数年前に全面改築をされたのでしょう。茅葺き屋根を守り抜く「意気込み」の感じられる民家です。



広島県向原町 K邸
芸備線を広島から三次方面に向かい、向原駅を過ぎてまもなく右手に見えてくるのがこのK邸である。風格のある立派な「茅葺き」である。「主は広島に住んでおられるが家の保守、草刈り等に頻繁に帰ってこられる」との近所のお年寄りのお話である。2年前に山県郡の大朝町から県内には数少ない「屋根葺き職人」が来て屋根の葺き替えをしたとのこと。 数百万円の工事費が掛かったであろうに、「茅葺き民家」を守り続ける頑固な主に乾杯!



八重山列島 竹富島にて〜その1
12月初旬 昔から一度行って見たかった八重山を旅してきました。広島空港から2時間30分で一年中ハイビスカスが咲き乱れ、真夏と思われる日差しの石垣島に到着です。 石垣島から船で15分の「竹富島」は島全体が国の「町並み保存地区」に指定された島で、かっての沖縄地方の民家が数多く残ってる島です。 なんと家の建替え時には制限はあるものの国から400万円の補助が有るそうです。この写真は赤瓦葺きの一般的な今の家です。赤瓦の屋根の上には必ず魔除けの「シーザー」が乗り、このシーザーは各家の人が各自で製作したものとの事で「太め、細め」又「怖いの、比較的やさしい顔のもの」と色々です。 



八重山列島 竹富島にて〜その2
この島に残る唯一の「茅葺き屋根」です。驚いたことにこの亜熱帯地方でも「茅」が自生してるのです。
見る植物がすべて本土とは違うのにまさか「茅」があるとは!最初は椰子の葉か何かで葺いてるのかと思ったのですが、老人に訊ねて見ると正真正銘の「茅」とのこと。いや〜驚きです。